境界性人格障害のご相談は名古屋聖心こころセラピーへ 名古屋市・愛知県・三重県・岐阜県・静岡県

境界性人格障害克服のためのセラピー

 

境界性人格障害 とは、心に些細な傷を認めたなら全てを叩き壊す者を言う


境界性人格障害とは、「恋人や配偶者、近親者をとことん傷付け精神的に追い詰める恐ろしい性質を持った人格者」となります。

この境界性人格障害の傾向を持つ人の多くは「女性」です。
不安定な精神構造を持ち、些細なことで傷つき、イライラの衝動を抑えるブレーキが効かず怒りに任せ相手を長時間に渡って罵倒し続ける。
身近な人はその逆鱗に触れぬよう腫れ物に触るような細心の注意を払う対応しか出来ず困り果てることになります。
やがては境界性人格障害の被害に遭われている人は「怒らせてしまう自分に問題があるのでは」と憔悴し精神が病んでくる事態に追い込まれて行きます。
被害を訴えている境界性人格障害を持つ者が実は加害者であり、加害者と思い込まされている者が被害者となります。
それが「境界性人格障害」周辺で起こっている恐ろしい実態です。
伴侶・家族・恋人に「境界性人格障害」が認められれば相当に大変です。

 

聖心こころセラピーの境界性人格障害への取り組み

 

私どものカウンセリングルームには奥さんに苦しめられている御主人の多くが、対処法の相談にお越し頂いています。
しかし、その反面、相談者である夫の約半数が「自分に問題がある」との間違った自覚の元に相談に来られます。
いづれにしても、早目に私どものカウンセリングルームにお越しになることをお勧めします。
もし、「自分自身が境界性人格障害なのかも」と不安になられたご本人も、勇気をほんの少しお持ちになり聖心こころセラピーに相談にいらして下さい。